図解「年収2000万 vs 500万」の思考法

プレジデント中吊広告

プレジデント表紙  

現在発売中のプレジデント誌(7.13号)(特集「考える技術」)に

拙書『「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力』で解説している
「ビジュアルシンキング」+「3W1H読み」が4Pの特集記事になりました。

同じ情報を見て、何を感じるか、読み取るか ●板橋

図解「年収2000万 vs 500万」の思考法

毎朝読む新聞から何を得るか。仕事で結果を残す人は、
「読み方」「ビジュアル化」に独自のメソッドがあった――。
『「記事トレ!」 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力』の著者が、
得た情報を仕事のアイデアへ繋げる図解術を指南する。

・できる人が実践する「3W1H」読みとは

新聞記事は5W1Hで書かれていますが、それを「3W1H」という軸で
読み取っています。つまり、「誰が」(Who)、「誰に」(Whom)、
「何を」(What)、「いくらで」(How much)ということに注目している。

・「読み取り力」には三つのステップがある

まず、「3W1H」読みで「Fact」を知るのがファーストステップ。
次は、「Opinion」。得た情報に対して自分なりの意見を言えるか。
そしてさらに上のレベルが「Idea」。

・情報を仕事に繋げる「ビジュアルシンキング」

ポイントは、ビジュアル化して自分の仕事に置き換えて考えてみることです。
私はこれを「ビジュアルシンキング」と呼んでいます。






あの茂木健一郎さんのすぐ隣に板橋悟の名前が掲載されています。
(画像をクリックすると拡大)

茂木健一郎も実践「脳のレベルを上げる」5のコツ ●茂木健一郎
■「バカな脳がピンとくる脳に変わる」科学

詳細目次
http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2009/20090713/


是非ともお読みください。

この記事へのコメント

  • ややちゃん


    初めまして!
    遊びに来ました!
    これからヨロシクお願いしま~す

    2009年06月27日 16:39